【若いうちからチャレンジできる環境】
研究開発部門 2012年入社 理系 男性


 私は入社3年目で、酸化物半導体の研究開発に従事しています。主な業務としては、デバイスシミュレーションを用いた素子の解析や、それにより得られた知見を実際のものづくりへフィードバックすることを行っています。以下に、私がこれから就職活動に向かう皆さんにお伝えしたいことを記します。

<やりがいについて>
 まずやりがいに関してですが、SELでは、若い社員であっても会社の経営に大きなインパクトを与えられる仕事に取り組める点だと感じています。学会発表や論文作成はもちろん、お客様への重要なプレゼンを若いうちから任されることがあります。また、良いアイデアであれば、それが企画として採用されることも多くあり、自分の努力次第で成果を生み出していける環境が整っています。若いうちから会社に対してこのような影響を与えられるという環境は、他の会社にはなかなか無いのではないかと感じています。

<大変なこと>
 やりがいがある一方で、大変な部分も感じています。会社に入るということは、組織の中で何かの役割を取り、組織としての成果に貢献していくことです。言い換えると、自分のたった一つのミスが組織の成果に重大な影響を与える可能性も出てきます。成果に貢献できるということはやりがいにつながりますが、それだけ責任も大きくなります。そのため、最低でも自分が任された仕事に対しては、期限をしっかり守り、かつそれなりの完成度で仕上げる必要がありますので、始めのうちはとても大変な思いをしました。しかし、このような苦しい経験は後で必ず役に立ちますので、怯まず挑戦していただけたらと思います。

<SELに入社して感じたこと>
 ここで、SELに入社して感じたことをいくつかご紹介します。まず、変化の激しい半導体業界だからかもしれませんが、研究開発のスピードが非常に速いです。大学の研究では経験できないようなスピード感で仕事が進んでいくので、とても驚きました。また、仕事を通して自分のことが分かってきます。そのような速い仕事のスピードについていくためには、ある意味で自分の得意な部分に頼らないとついていけなくなってしまいます。そのため、だんだん何が得意なのかが分かってきたり、また自分の限界がどの辺りにあるかというのも分かってきたりします。仕事を通して得られることは、非常に多いなと感じました。

<皆さんへのアドバイス>
 最後に、実際に社会人として働いてみた経験を踏まえて、僭越ながら現在学生の皆様にアドバイスをさせていただきます。学生の皆様は、社会人として働くことに対して、様々な期待や不安を持っていると思います。しかしながら、社会人として働くことがどのようなことかは、実際に働いてみるまで分かりません。なので、学生のうちはやりたいことを自由にやるのが良いように感じます。そして、自分が持っている「社会人として働くこと」のイメージが、実際に働いてみたときにどのように違っていたかを、楽しみに待っているくらいでちょうど良いかなと思っています。ご縁がありましたら、一緒に面白い仕事をしましょう。