【社員の皆さんに支えられながら、会社全体を支える仕事です。】
管理部門(人事) 2006年入社 文系 男性


私は、管理部門の中で、規則、契約、採用、研修を担当してきました。SELは、若手社員にも早い段階から重要な仕事や幅広い仕事を任せてもらえる環境です。入社して9年目になりますが、本当に色々な仕事を任せて頂けました。

管理部門の仕事は基本的に、社員がより仕事がしやすい環境を作っていくことです。

この仕事を進めていく上では、相手の仕事内容、やりたいこと、困っていることを理解して支えていくことが必要です。そのために、社員の仕事内容をある程度理解していることが必要になります。

SELは研究開発の企業ということで、文系出身の私が今まで接してこなかった技術的な用語が飛び交います。社員の仕事を理解するために色々勉強も必要ですが、SELは最先端の技術を生み出していくことが使命なので、本やインターネットからでは十分な情報が得られません。

そのようなとき、研究者や知財・翻訳のプロフェッショナルに気軽に質問しに行ける環境がSELの良いところだと思っています。
色々なバックグラウンドを持つ社員が様々な角度から技術的な用語、背景、これから生まれてくる技術がどう役に立つのかを活き活きと話している姿を見ると、聞いているこちらももっと良い会社にできるよう頑張らないといけないと感じます。

世界でも珍しい「知的創造サイクル」を実現するSELに少しでも興味を持たれましたら、ぜひ説明会などのイベントに足を運んでください。これから世の中に出ていく技術を生み出す会社を一緒に支えていきましょう。