材料合成



実際の仕事
発表の場
仕事上での自己成長
求める人物像


実際の仕事

新しい高性能FETやLSI・ディスプレイデバイス、バッテリーを実現するためには、材料開発から手掛けることが極めて重要です。このため、社内には新規材料の合成・評価を行うことができる環境を整備しています。
社内で開発された各種の材料は、社内で作製する試作品に使用し、デバイスとしての特性や信頼性評価も行います。
また、有機EL材料に関してはパイロットライン程度の規模での合成を行っており、量産に向けた開発や社内の材料ニーズに応えられる体制を整えています。




発表の場

研究開発成果について、国際学会を含む様々な学会・展示会で発表する機会があり、論文投稿も行います。
また、月に1回程度社内学会を開催しており、全社員に対して研究開発成果を発表する機会があります。


仕事の上で自己成長

新規材料の骨格や、合成プロセスの検討に始まり、不純物の軽減、評価、特性向上の検討、大規模合成に向けてのプロセス検討など新規材料開発に関する様々な業務に携わることができ、また、デバイスへの応用展開まで関わることができます。
基礎から応用までの様々な段階で必要な知識、能力を身に付ける機会があり、研究者としての幅・深さを追求することができる環境です。


求める人物像

有機化学・高分子化学が得意な方が中心となりますが、無機化学や理論化学、物理の知識も必要となります。
全てを入社前に兼ね備えている必要はありませんが、チャレンジする意欲や、新分野を吸収する柔軟性は重要です。



~OLEDの高輝度化・長寿命化技術~

a) SELの独自技術であるExTET®


ExTETとは



ExTETのエネルギー状態図



b) 蛍光素子の発光効率を向上させる技術 TTA (Triplet–Triplet Annihilation)


TTAとは



TTAのエネルギー状態図


※ ExTETは、半導体エネルギー研究所の登録商標です (商標登録第5666910号) 。