渉外担当


実際の仕事
仕事上での自己成長
求める人物像


実際の仕事

研究開発成果を適切に保護するため、特許を出願し権利を取得する、取得した権利を活用しライセンス料等を頂き、再び研究開発に投資するというSELの業務プロセスの中において、渉外グループの主な仕事は特許権の権利活用です。具体的には、以下の3つです。

a) 特許ライセンスの供与
b) 特許権の侵害行為を確認した場合、侵害行為に対する法的処置を含めた対処
c) a)、b)に関連する様々な活動

例えば、ライセンス交渉と言っても事前の地道な調査・検討、交渉の場における臨機応変な対応、契約書の作成やその後のフォロー等多様な業務を行っています。
具体的な仕事内容や求められるスキルも様々ですので、メンバーのバックグラウンドも多様で、得意分野が異なっています。そのため、お互いに助け合いながら仕事を進めます。
SELのライセンス先は国内だけでなく、海外企業もありますので、海外への出張もしばしばあります。
SELはチャレンジする意欲のある人に対して入社年度に関わらずチャンスが与えられるので、厳しい仕事であっても積極的に取り組むことにより大きな成長ができる環境です。


仕事の上で自己成長

SELは、特許権を日本だけでなくアメリカ、韓国、中国など世界各国で取得しています。そのため、様々な言語の書類を扱い、直接のやり取りを行うこともあります。
業務は、技術と法律の両方の領域にまたがりますので、双方の知識が必要です。仕事を通じて地震の意見を正確に相手方に伝えるために必要な論理的思考力、英語などの語学能力を鍛えることができます。


求める人物像

国内外の様々な方々との接触機会も多く、考え方や文化の違いに対して柔軟で粘り強く対応することが求められます。相手の意見をよく聞いて、自分の考えを整理し、論理的にわかりやすく相手に説明できる能力や、困難な課題に対して諦めることなく挑戦し続ける姿勢が求められます。