仕事紹介

SELの研究開発の成果を海外に特許出願し、権利化することを主な業務としています。以下の業務をほぼ全て社内で行っているので、仕事内容と段階に応じて理系・文系それぞれの出身者に活躍の場があります。
また、各国の特許庁に出向いて審査官と面談や意見交換を行うため、海外出張の機会もあります。

a) 特許翻訳

日本語明細書を英語、韓国語、中国語、ドイツ語に翻訳します。

b) 外国出願

各国の特許庁に特許出願をします。

c) 中間処理

各国特許庁からの拒絶理由通知に対して応答します。

仕事を通しての自己成長

知的財産部の外国担当の業務は、技術・法律・語学と複数の分野にまたがる仕事なので、専門の知識を伸ばすことに加え、幅広い知識を身につけることができます。「正解」を見つけることが難しい仕事でもあり、日々新しい課題に向き合いチャレンジしています。仕事を通じて社内外・国内国外を問わず多くの人と関わる機会があり、業務に関する知識以外の面でも成長できます。

求める人物像

常に新しい仕事に取り組む環境なので、チャレンジ精神の旺盛な方を求めています。
技術的な内容を理解するセンス、語学のセンス、特許法という法律に関するセンスはもちろんのこと、新しい技術や国により異なる法律の規定に臨機応変に対応できる柔軟性が求められます。
また、特許の権利化をするにあたり、発明者や他部門の担当者、現地代理人など様々な人とのコミュニケーションが不可欠なので、人の意見を聞いて理解し、自分の意見を簡潔に人に伝えることが求められます。
最初から全てを具えている必要はありませんが、身に付けようと挑戦したい方を求めています。



仕事紹介 知的財産部門
・国内担当            ・渉外担当